ボディケア

【腹圧高めるストレッチで肩こり・股関節を簡単改善!藤原ヒロシ先生が紹介】

2022年1月19日放送のヒルナンデス!で10日間で体はどれだけ柔らかくなるの?の検証番組がありました。
教えてくれたのは、美構造メソッドトレーナーの藤原ヒロシ先生です。
10日間チャレンジしたのは阿佐ヶ谷姉妹のお二人です。

目次

     <スポンサーリンク>

腹圧ストレッチとは?

誰でも一瞬で体が柔らかくなるというメソッドで、約1万人が体験、テレビや雑誌で話題です。
腹圧が高いとは、筋肉が収縮しお腹の中が張っている状態で内臓を正しい位置にキープしています。
腹圧が低いとは、筋肉が緩み内臓が下がった状態で、お腹がポッコリします。

腹圧をあげる呼吸法

腹圧を上げる呼吸法で柔軟力がアップします。

<やり方>

舌を上顎の前歯の裏側に押し上げ、鼻から息を吸いお腹のふくらみを意識して10秒キープします。
その後、口からゆっくり吐きます。

さらに、手を揃えて先を尖らしたイメージで親指と小指をすぼめながら近づける形にして、お腹に添えると腹圧が一段と上がります。

手のひらをアーチ型にすることで、腕⇒脇腹⇒背中の筋肉が連動します。

腹圧を高めたらストレッチを始めます。

股関節に効く腹圧ストレッチ

*立って、両足を軽く開いた状態で、呼吸を意識し、アーチ型にした手で太ももを内側から外側になぞります(コマネチのポーズみたいです。)

このストレッチで太ももを外側にひねるので、骨盤が正しい位置に入って来ます。
(無理の無い範囲で安全に行ってください。)
*座って片足を伸ばし、反対側は内側に折っておきます。
伸ばした足側の手を内側から握手するように足の裏を持ち、伸ばして10秒キープします。
(無理の無い範囲で安全に行ってください。)

基本の呼吸をしながら1回10秒2セット

肩回りに効く腹圧ストレッチ

*よつんばいになって、片方の手を胸に縦にあて、押し上げながら背中を丸めて3秒キープ、息を吐きながら脱力します。

*呼吸法を意識してタオルを絞り頭上に上げ左右に傾けます。

1セット10回を2回する

阿佐ヶ谷姉妹は簡単なので続けられたと言ってました。

二人とも、初日の数字より柔軟性が確かに上がっていました。

     <スポンサーリンク>

まとめ

この腹圧をあげる呼吸法は、初めて知りました。
確かに腹式呼吸しやすい感じがしますね。

なかなか続けられないストレッチは簡単なものから始めたいです。